名刺交換のマナー

名刺交換のマナーとは
「相手に自分を知ってもらう」「相手がどいう立場の方なのかを知る」のが目的です。
名刺交換はビジネスの第一歩であると同時に第一印象を与える最高のチャンスです。
 
名刺の渡し方や受取り方
名刺は目下の者から出すのが基本です。
目上の人の場合は相手から受け取って、自分の名刺を差し出すようにします。

名刺を同時に出してしまった場合は目上が受け取るのを待って、相手から貰うようにします。
また、同格の者同士が名刺を同時に出した場合は、右手で差し出し、左手で受け取るようにします。

他社・先方を訪問した際には、「お邪魔致します。」という意味合いから、訪問した側から先に差し出します。
訪問者が明らかに目上の人であったら訪問された側が先に差し出すようにします。
 
名刺は会社の顔であり自分の顔です
名刺は自分の事、会社の事を相手に知ってもらう為のツールです。
相手に渡す名刺が汚れていたり、折曲がったりしていると、相手に伝わるイメージは悪くなります。名刺は必ずきれいな物を渡してください。
名刺にインパクトを残す手段として、顔写真を入れたりQRコードを入れたり することをおすすめしています。相手に印象を残せるツールとなりますので、 是非一度ご検討ください。
 

News Release

 

人気ランキング

 

お客様の声

  • 神奈川県横浜市 匿名希望 様

    2013/02/18

  • 東京都港区 奥田 様

    2012/01/24

 
 

MBEのネットショップ

営業時間

  • 平日:9:00〜17:30
  • 定休日:土日祝
  • ネット受付(24時間)